風俗遊びは社会悪?世間から冷たい視線を浴びせられる真相〈Vol.2〉

※本記事は、風俗遊びは社会悪?世間から冷たい視線を浴びせられる真相〈Vol.1〉の続きです。

 

政府公認であった公娼制度(いわゆる売春)は、どうして廃止されたのでしょうか?

1946年に、戦後の民主化の一環として、GHQの指令により公娼制度は廃止されました。

 

とはいっても、売春について、しばらくの間は是非を問う議論が続いていました。

しかし、1950年の朝鮮戦争を機に、日本が特需を迎えて、それが起爆剤となって経済国への仲間入りを果たし、国連への加盟にいたります(1956年)。

 

売春について、政府が大きな舵取りを切ったのが、この国連加盟に向けた動きだったんです。

というのも、国連は、

人身売買や売春からの搾取、売春宿の経営などを禁じるとともに、売春婦を被害者と位置づけ、その保護や更生、職業紹介などを加盟国に求める条約を採択していた。

参考:買売春、なぜ違法なのか

こうして、1957年(昭和31年)に売春防止法が可決されたわけです。

 

つまり、売春防止法とは、国連の条約が起点となった法律なんですね。

さらに言えば、当時の国会審議では、売春をする女性というのは、売春で生計を立てざるを得ないほどの劣悪な環境に置かれた社会的弱者という見解でした。

 

そのため、売春防止法の第一条には

「この法律は、売春が人としての尊厳を害し、性道徳に反し、社会の善良の風俗をみだすものであることにかんがみ、売春を助長する行為等を処罰するとともに、性行又は環境に照して売春を行うおそれのある女子に対する補導処分及び保護更生の措置を講ずることによって、売春の防止を図ることを目的とする」

と明記されているんですね。

 

つまり、売春に走る女性は、道徳的観点から、保護・更生されるべき対象だったんです。

 

実際、当時の売春婦の中には、貧困や親の前借金の返済のためにやむを得ず売春を行う者や、暴力団やヒモの男に搾取されている者、虐待されて従順を強いられている者、薬物漬けにされている者なども多かった。

参考:買売春、なぜ違法なのか

歴史的経緯をまとめると、

1、これまで政府公認であった売春は、戦後の民主化のために廃止

2、国連加盟をきっかけに、国際条約にのっとって売春防止法を制定

3、売春防止法の背景には、社会的弱者としての娼婦を法的に守る意図があった

 

ということです。

つまり、昭和の時代で、売春が廃止されたのは、

娼婦が道徳的に虐げられていた歴史があったため

なんです。

 

この時代の娼婦は世間から冷たい目がみられていたのも、

性風俗が社会悪の温床であることが一般通念となった

といえますね。

 

それでは、今日において、それはどうなのか???

あくまで私個人の意見ですが、性風俗産業に従事するデリヘル嬢が、社会的に虐げられているとは到底思えません。

 

だって、風俗嬢って一般人よりも比べ物にならないくらい高収入ですし、ブランドバック買って、好きな時に旅行して、美味しいもの食べて幸せそうに暮らしいますし。

むかしは、確かにやむなく売春をして身銭を稼ぐ必要があったかもしれないです。

 

しかし、今の時代は間違いなく普通の女の子が、より良い生活や暮らしをもとめて風俗に走ることが多くなったと思います。

であるにも関わらず、これまで培ってきた社会的風潮や偏見が、風俗嬢として自由に働く権利を奪っているとも取れるのではないかと。

 

また風俗は、性犯罪防止の目的として政府が黙認しているように、社会に不可欠な存在なのです。

このことは、何千年という歴史が証明している事実。

 

ですから、私としては、売春防止法の改正すべきなのではと。

それは、あくまで性風俗産業がよりオープンで、社会的な圧力を緩和する方向で働くのがあるべき姿ではないのでしょうか。

 

皆さんの考えはいかがですか?
恋人欲しい人集まれー♪